So-net無料ブログ作成

下り坂への備え [ショート・ショート]

IMG_8941.jpeg 

二学期が始まり、子供たちそれぞれに いろいろな心模様の日々を過ごしていることでしょう。         

運動会や文化祭など イベントの多い時でもあります。             

自分の子供の頃を思い起こしてみると、運動会は大好きでした。

走るのが速かったから。勉強は 正直なところ 要領がよくなかったので 低学年の頃は大変でした。         

いずれにしても 子供たちは「上り方」をいつも 先生や親から教えられます。       

スポーツでも 勉強でも 習い事でもです。       

けれども 子供の生活の中にも 上り坂だけでなく、

「下り坂」の時も半分くらい あるのではないでしょうか。         

例えば 上りのエスカレーターの後は下りのエスカレーターに乗るように。

エスカレーターに初めて乗る時初めの一歩に要注意!ですが 実は降りるほうがこわいのでは?      

 

人生も上りばかり教えられていると「下り」は恐怖です。誰も教えてくれないのですから。             

思いどおりにいかない時、人生が下り坂になっていく時のために 備えが必要です。   

下り坂だなと感じる時 丁寧に、穏やか心で助けや支えを待ち望めるように。         

 

天国に向かって、地上の下り坂の人生を 謙遜に仕上げていけるように。             

子供や自分が まわりからのけ者にされているかもと感じるとき どう考え、

どのようにそこを通り越していけるだろうと思う時

「私の助けは 天地を造られた主なる神さまから来る。」詩篇121篇2節―

をどうぞ思い起こすことが出来ますように祈っています。               

上り坂の勢いも  まさかの時の生き方も 下り坂への備えも 大丈夫!

すでに与えられています。あとは私たちが それを見いだすだけ。   

神さまは へりくだって 私たちの世界に 降りてきてくださいました。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

必勝より 必笑を心がけてみたら [ショート・ショート]

 

IMGP4329.jpeg 

夏の甲子園の選手の顔がかわりました。負けていてもいつも笑顔です!               

笑顔でいると メンタル面から 体がリラックスしてプラス思考になり、自己肯定感が高まり、

子どもを成長させる原動力にもなると言われています。       

ショックな病気を抱えて生きる方々にも 顔を変えること

― 笑顔が出てくると 自分のつらさのなかでも まわりの人を気づかうことが出来、

病いを抱える自分を肯定出来るだけでなく、その状況のなかでも実を結び、生きる力が湧いてくる―

そうです。             

私たちはいつも 理想的境遇や人間関係のなかで生きることは出来ませんし

子どもが 親の望みを叶えてくれるようにふるまえるわけでもありません。     

でも 意識していなくても 子育てや家族の行く末に「必勝」てなければ と

自分にプレッシャーをかけていることはないでしょうか?     

「必勝」より「必笑」の効用をためしてみませんか。               

いつも よろこんでいなさい。    聖書


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

生ける水 [ショート・ショート]

IMG_1608.jpeg 
秋の訪れと共に ブログの再開となりました。
ご笑覧頂ください。                   
 
この夏は日差しのある所と豪雨の所というように 極端に分かれました。
何でもコントロール出来、コンビニな生活を過ごせると思っている私たちに、 
「人の都合や 人が思うようにはいかないことがある」ことを思い知らされているようです。
 
 
世界の70パーセントが水で覆われ、飲める水は そのわずか1パーセント以下
と言われています。
 
水を衛生的に維持・管理することは死活問題です。
 
私たちのいのちは きれいな水が あるかないかにかかっています。   
 
アフリカでは 子どもたちが 喉が渇くと 砂を掘り下げ、飲める水が出てくるまで
30分は待ち、順番にお皿にくんで飲むそうです。     
 
アジアでは 汚い川の水しか 飲むことの出来ない国々があるそうです。             
 
日本では蛇口をひねれば すぐ飲める水が出てきます。
 
また、もっときれいで新鮮な水も売っていて、水道水を飲まない人も少なくありません。

この世界では 安全な飲み水の分配は不公平です。                 
 
今日のタイトルの「生ける水」とはイエスさまのことですと 聖書は語っています。   
 
イエスさまを心の中にお迎えする人は 永遠のいのちを与えられます。               
 
このことを分かち合ってくれる人があなたのそばにいるなら あなたは恵まれています。
 
なぜなら 自分の周りに 自分のことを気にかけてくれるクリスチャンのいる人は
それほど多くはありませんから。                     
 
是非 生ける水であるイエスさまのことを あなたの周りにいるクリスチャンのお友達に聞いてみてください。           
 
ヨハネ 7章38 節

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。