So-net無料ブログ作成

重心は下に。 [礼拝]

IMG_8244.jpeg

近頃起こった客船の大事故。原因はたくさんあるようです。

救われるいのちの生還を私たちは待ち望んでいます。        

 原因のひとつに船の改造で重心が高くなったことがあげられています。

重心が高くなると船は傾きやすくなる。

荷物が多くなると 倒れそうになる私たちのようです。          

 

今日あなたの重心はどの辺にありますか?

イエスさまは

「すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。

わたしがあなたがたを休ませてあげます。」ーマタイ 11章28節 ーとおっしゃいました。

 重心は下に。それは 十字架のイエスのもとに、人生の荷をおろすこと。

そう思いませんか。

浦和キリスト教会 牧師 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

いつでもそこに。 [ショート・ショート]

IMG_7419.jpeg

春になり、教会が借りている会館の自販機も 春夏仕様になりました。

「Hot」が「Cold」になり、中身にも変化があります。              

「のどが渇いた。あれ飲みたい。」と思った時、「あれ、なくなってる。」 これはちょっぴりショックです。

イエスさまは

「きのうもきょうも、いつまでも、同じです。」 ーヘブル13章 8節 ー

聖書は約束しています。

季節によらず、

   具合によらず、

      気分によらず、

          場所によらず、

いつでも私たちの心の渇きをいやしてくださるお方だと知れば なんと安心なことでしょうね。

 浦和キリスト教会 牧師


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

終着駅?いいえ 始発駅! [ショート・ショート]

140308_1446~32.JPG 

 

教会のコピーをするため、百均に行きました。    

 レジでのやりとりが聞こえてきました。

「ねえ、この御霊前袋 1枚だけじゃだめ?」と年配の婦人。

「お客様、10枚セットですので!」と店員さん。

するとこの婦人は

あまり御霊前袋 家に置いときたくないのよね。私のお迎え早くなると困るし。」

と 帰って行かれました。

みなさん 様々な思いを持っておられるようです。

やはり終着駅なのでしょうか?

「残念ですが お亡くなりになりました。」  

イースターは イエスさまが この絶望に 希望の光をくださったことを喜び、感謝する時です。      

イエスさまを信じるなら、終着駅と思っている死は 私たちの永遠の始まりー始発駅となるのです。      

「神は、私たちの主イエス・キリストによって、私たちに勝利を与えてくださいました。」

第1コリント 15章57節

 うれしいですね。 ちなみに私たちは「お花料」と呼んでいます。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

ショート・ショートスペシャルウィーク [ショート・ショート]

先週の日曜日はイースターでした。クリスマスがキリスト教徒の最大のお祝いだと思われていますが、実はクリスマスに並び、最大にお祝いする日がイースターなのです。 牧師よりスペシャルメッセージが届きました。

是非ご一読下さい。

 管理人 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

忘れられない事件 [ショート・ショート]

IMG_8355.jpeg 

世の中ではいろんな事件が起こります。

世界的なもの、ローカルなもの、今日も事件の山です。

けれども 3年前の震災、津波のような事件であっても、人々の心から忘れられないようにということで

いろいろと工夫がなされています。            

イエスさまが十字架につけられた事件は もう2000年も前のことで

この時代に生きている私たちはもちろん生中継で見てはいないのですが、

信じるかどうかは別にして、アクセサリーの十字架や私たちの歴史の紀元ーBefore Christーとして

いつでも みんなに 忘れられない事件です。              

今週の金曜日はイエスさまの十字架の受難日、そして次の日曜日はイエスさまの復活を祝う イースターです。          

人々に忘れられない事件、それは私たちにとって とてもたいせつな出来事です。    

 私たちの人生のなかで体験する「どうして? なぜ こんなことが起こるの?」に、ことばを越えて

寄り添ってくださるイエスさまに思いをめぐらしてみてはいかがでしょう。      

イエスさまも十字架にかかりなが

「わが神、わが神。どうしてわたしをお見捨てになったのですか。」

ーマタイ 27 章46節ー

と、この世に生まれくるすべての人々の身代わりに なぜ、

どうしてを体験してくださったので今日のあなたに、私に寄り添うことがお出来になるからです。            

皆さまの上に祝福を祈りつつ。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

ディズニーランドも「イースター」 [ショート・ショート]

140312_1436~52.JPG
 10日程前 新聞にディズニーランドの折り込みチラシがはいっていました。
題して「春はタマゴと ハッピーイースター!」。
欧米ではイースターは、クリスマス以上に盛大に祝われる 
イエスさまの復活と永遠のいのちのよろこびですが
日本ではこれまで クリスマスはよく知られていても 
イースターは キリスト教会のなかなど 限られていたように思います。      

ディズニーランドのイースターは
「ヘンテコ 楽しい春のイベント、ミッキーとミニーが見つけたウサギの国、
タマゴいっぱいのイースターガーデン」と書かれていますが、
たのしいのはもちろんのこと、心に満ちあふれるよろこびいっぱいの
イースターをお祝い出来るよう、そして
「イースターになぜタマゴが関係あるの?」と誰かに聞かれた時に、
よろこびを持って説明出来るよう祈っています。

イエスは言われた。「わたしは、よみがえりです。いのちです。」    ヨハネ11の25   

 HAPPY and JOYFULイースター!

浦和 チャペル 牧師

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

新学期スペシャル8勝7敗でOK [ショート・ショート]

IMG_7759.jpeg

春休みもそろそろ終わり。

いつもとちがう生活のストレスもあるのではないでしょうか。

新学期の具体的準備そして心の備え。

始まると まずPTAの役員決めなど大変です。子どもの側も 休みから学校へ。

友達や先生とのやりとりに追われるこの時期毎日帰ってくる家が

house ではなく、HOME であることを願っていることでしょう。

かつてオリンピアンの荒川静さんが

欠点がないのは成長の障害になる。」

と話していました。

自分の生活の居心地や子どものふるまいについて 期待が大き過ぎると

結果的にその人は いつも「そうならなかった失敗の原因探し」に明け暮れることが多いようです

あまり完璧を自分にも子どもにも要求せず、かえって少し「雑然」としたいものです。

野球なら3割打てれば スーパースター、

サッカーなら 一試合に10回シュートして 一回決めたら ヒーロー、

相撲なら 8勝7敗で勝ち越し、

学校のテストも51点なら合格です。          

あなたの毎日の居心地、子どものあり方、親子のコミュニケーション

そうしたことにも適応できるのではないでしょうか。

たつた一度だけ 同じ屋根の下で暮らすことをゆるされた、そして与えられたチャンス、

今日という日を神さまからのプレゼントとして受け取って1日をはじめられたら うれしいですね。  

「これは、主が設けられた日である。この日を楽しみ喜ぼう。」      

詩へん 118篇 24節


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

内側もきれいに! [ショート・ショート]

140401_1511~15.JPG

歯医者さんに行くと「外側はよく磨けています。内側もていねいに磨いてくださいね。」と言われます。

私たちの外見と心についても考えさせられました。    

内側がきれいでなくても 外見がよく見えることがあります。

私は外見をあまり気にしませんが、人によっては 人前に見える自分、

鏡にうつる自分を気にするものです。    

カナダにいた間 デンタル・クリーニングは半年ごとにしなければなりませんでした。

そのおかげで 60を過ぎた今も、自前の歯で生活出来ていますが いつも

「矢野さん 内側をもう少し頑張って磨いて。」

と言われるごとに 自分の心について

「内側をきよめなさい。」ーマタイ23の26  

というイエスさまのことばを思い起こし、きよめ続けてくださるイエスさまに

「人の目に写らない 自分の心、思いを探り、十字架の血潮によってゆるし、きよめてください。」

とお願いのお祈りをしています。            

歯の内側をどんなに頑張って磨いても 完璧によごれがとれるわけではありません。

ならば 自分の内側はどのように、どなたにきよめ続けて頂くことが出来るのでしょうか。  

神さまに創られたあなたを さくらの季節にも心ゆくまで喜ぶことが出来ますように

イエスさまに「内側もきれいに」して頂きましょう。

それは私にも日々必要なことです。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。