So-net無料ブログ作成

Respect の向き [ショート・ショート]

IMG_9743.jpeg                

生涯のパートナーに出会った時、その人が いつも共にいてくれること、

つまり その人の存在に対する  Respect がありました。          

子供が与えられた時 無条件の、存在をよろこぶ    Respect (リスペクト)がありました。        

 けれども 自分が 夫になる準備不足、父親になる自覚不足や、よろこぶび迎えたパートナー、

子供たちに対する 自分中心な思いから Respectの向きが 「Being」 ― 存在 ―

から 「Doing」 -相手のふるまい-に変わってしまっていることに気ずき

神さまが私を愛し、「存在が大切」と見ていてくださる その愛に立ち返らせて頂いています。    

たいせつな存在を誰かと比較したり、小さな失敗を人前で話して 傷つけたりしてしまいやすい私たちです。

たいせつにしたい、愛してるのに思いやことばで自分で不安の種をまいてしまって

困ったことだ、どうしたらいいのだろうと途方にくれる、そんな私たちです。          

もう一度 自分のまわりにいる たいせつな人々のことを思いながら  

Respect の向きがどうなっているか確認作業中の私です。

詩へん 103                  

あなたのまわりにいる、あなたのたいせつな人々と 心からのRespectを分かち合っていけますように 祈りつつ。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。